Avayaが破産申請、コールセンターソフトウエア事業は売却へ。

Wall Street Journalによると、テレコミュニケーションカンパニーである、Avayaが合衆国連邦破産法第11章(Chapter 11)の手続きを検討しており、来月には手続きに入る模様と伝えています。また、同時に負債削減のため、同社コールセンターソフトウェア事業の売却を検討しているとのことです。

Read more