VoIP/WebRTC技術者のためのSTUN/TURN サーバー解説。その1. STUN/TURN サーバーとは?

今回から複数回にわたり、VoIPやWebRTCが抱える問題点とSTUN/TURNを利用したその解決方法について解説していきます。また具体的な説明にはオープンソースのSTUN/TURNサーバーである“COTURN”を使用します。

Read more

アメリカ発、IPv6専用モバイルネットワーク問題。あなたのVOIP機器は大丈夫?

IPv6、次世代のインターネットプロトコルとして普及すると言われて早20数年(?)経ちますが、そろそろその足音が聞こえてきたようです。まあ、勿論、これまでも着実に普及してきたのですが、IPv4メインであまり意識していないエンジニアも多かったのではないでしょうか。2018年に入り、今回はそろそろIPv6を意識しようというお話です。
そもそも、今まで20年間、無視してOKだったのになぜそろそろ意識する必要があるのでしょう?VOIPエンジニア目線で幾つか理由を挙げてみます。
1 .モバイルキャリアでのIPv6の普及率が上がった。
2. AppleのApp StoreアプリでIPv6対応が必須。
3. iOSなどでIPv4よりIPv6が優先されている。
4. IPv4よりIPv6のパフォーマンスが良いとするレポートが多数報告されている。
どれもごもっともな理由ですが、まだ「IPv4でもいいんじゃない?」と思ってしまいますよね。しかし、ここに来てもう一つの理由が2年ほど前から忍び寄っています。

Read more

基礎から始めるIP-PBX [第3回 FXS/FXO との接続を理解する]

今回はIP-PBX自体からは少し離れて、FXS/FXOと呼ばれるものについて学習しましょう。FXSとはForeign eXchange Subscriber interface(port)の略です。平たく言えば、オフィスや家の壁についているプレートにあるジャックのことです。そしてその壁のプレートのジャックの先は電話会社へ繋がっています。FXOとはForeign eXchange Office interface(port)の略です。こちらはアナログ電話機やFAX、モデム側にあるジャックの事です。非常にシンプルですよね。また、アナログ電話機やFAX、モデムなどはFXOポートを持っていることから、「FXOデバイス」と呼ばれます。

Read more

シリコンバレー紹介 [その2 シリコンバレーでの生活防衛(通信費)]

シリコンバレーは物価が高いため、収入の少ない人が生活するにはそれなりに工夫が必要です。若い人であればルームシェアなどして住居費用を抑えることもできるかもしれませんが、家族がいるとそういう訳にもいきません。そのため今回は抑えることのできる固定費である通信費についてTipsをご紹介します。

Read more

シリコンバレー紹介 [その1 シリコンバレー 住んでみたらこんなトコ]

今回は実はあまり知られていない、シリコンバレーの住宅事情、インフラ事情、生活事情、ビジネス事情について紹介します。是非ともシリコンバレーに興味をもってもらえたらいいなと思います。

Read more

日本郵政グループの事務用PCから意図しない外部特定サイトへの通信

日本年金機構の事件に続き、日本郵政グループでもセキュリティ関連の事件が。今回はウィルスの仕業ではないようですが、標的型ウィルスは現状のセキュリティ技術ではどうしても防ぎきれません。企業としては感染することを前提とした対策も必要ではないでしょうか。こちら(シリコンバレー)に来て痛感しましたが、インターネット上は非常に治安の悪い「修羅の国」というのが現状です。

Read more